テイクジー 、こてんこてん展の会場風景。

長野県中野市でのテイクジーの展示会が、今日で終了となります。

昨日は、とってもかわいらしいお客さまがいらっしゃいました。

DSC_9359

DSC_9411
オーケースツールを、よいしょ。

DSC_9386
中心の丸穴に指を入れて、持てました!

DSC_9380
がらがらどりの頭が入るとは、発見です。

DSC_9365

DSC_9407
針スクールチェア&デスクを見ています。

DSC_9401
おとうさんのおひざでクマ(ベイビーベア)さんと。

DSC_9397

DSC_9389
ブロックでも遊んでくれました!

今日までの9日間、遠くから近くからお越しくださった皆さまがたに感謝申しあげます!

オンブーチェア、カラマツハウスへ。

DSC_5527

DSC_5545

ちょっと前になりますが
オンブーチェアを購入してくださった方の
住居兼事務所の完成見学会へ行ってきました。

開放的なダイニングルームにあったオンブーチェアは
4歳の息子さん用の食事椅子として、すっかり新築のお宅になじんでいました。

それもそのはず。ここはその名も「カラマツハウス」。
カラマツといえばオンブーチェアもほんとソファもカラマツを使用した家具です。
なるほど〜。
施主兼、設計者のサトウさんは
長野県原産のカラマツをふんだんに使用した建築で、まさに県産材利用に貢献しているのです。
テイク・ジーもカラマツの魅力を発信しつづけて森林資源の活用に貢献していきたいです。

DSC_5528

椿建築所を営むサトウさんは、(サトウさんのブログです。)
独立前に勤めていた工務店にて、我が家の土蔵を改修工事を担当し
テイクジーの展示会場である「のらりくらり」をリノベーションしてくださった方でもあります。
古かった土蔵が、しっくいと漆黒のギャラリーに生まれ変わった時は
感動したことを覚えています。

来月この土蔵にてオンブーチェアの設計をした中川岳二の展示会があります。
期間中はテイクジーの定番商品も展示販売致します
お近くの方は是非お越しくださいませ。
お待ちしております。

中川岳二寄木作品展・テイクジー展示会
2015年
10月10日(土)初日のみ13時〜17時
10月11日(日)から 18日(日)10時〜17時
会場:蔵のギャラリ「のらりくらり」(入場無料)
長野県中野市大字吉田970–1(工房となり)

交通:上信越自動車道 信州中野ICより10分
お車は日野神社へ(臨時駐車場)/
JR長野駅より長野電鉄に乗り換え→
信州中野駅下車→信州中野駅南口より徒歩15分

● Exhibition information
■take-g Exhibition information.&Takeji Nakagawa Kotenko-Tenten

Time: 2015 October 10 (Sat) open 13:00~17:00
October 11 (Sun)~18 (Sun) open 10:00~17:00

Free admission and free parking available

Place: Gallery “Norari-Kurari” (next to Nakagawa Takeji workshop)
Address: 970-1 Yoshida, Nakano-shi, Nagano-ken, JAPAN
Tel: 0269-23-2121

Transport: (Train) Nagano-shinkansen – JR Nagano Station
Nagano-dentetsu (line) – Nagano Station
30 min by Express; 45 min by Normal
Shinshyu-Nakano Station
15 min by food
(Car) Leave Jyoetsu-Do Shinshyu-Nakano I.C.
10 min

● Exhibition summary
There will be many Takji Nakagawa original robots,toys,furniture.

nakagawa_takeji_exhibision

nakagawa_takeji_exhibition

オンブーチェア、モノマチセブンヘ。

DSC_5382

ほんとソファに同じ絵本が2冊?
いえいえ
向こうの絵本は図書館で借りた大型絵本なんです。
ほんとポケットに入るかも?と思ったら、ぴったり!
思わず通常版と並べました。
ポケットのはばは、ひとつほぼ35cmです。

DSC_5430

こちらはオンブーチェア。
身長ほぼ90cmと105cmの娘が並んで座っています。
2歳の娘の食事椅子として毎日使っているオンブーチェアは
明日からイベントのため出張です。
第7回モノマチ (通称:モノマチセブン)
に参加します!
会期は2015 年5 月22 日(金)・23 日(土)・24 日(日)
場所は東京都台東区台東2-10-13 ブルーミング 1F です。

「モノマチとは?」・・・2011 年から始まった「モノマチ」は、古くから製造/卸の集積地としての歴史をもつ台東区南部・徒蔵(カチクラ)エリア(御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2km 四方の地域) を歩きながら、「街」と「ものづくり」の魅力に触れていただく3日間のイベントです。
(モノマチwebサイトより抜粋)

テイクジーの家具、おもちゃの一部も展示・販売しています。
お近くの方は是非遊びに来てください。
テイクジーの展示場所はこちらです。
http://monomachi.com/?page_id=4558&no=534
会場には影山がいますので、実際に手にとって見たい方がありましたら、遊びに来てください!

ほんとポケット

ほんとポケットには、子どもたちのお気に入りの本が入れてあります。
でもたまに「いま読んでほしいなー」と思う絵本に入れ替えてみたりもします。
絵本が変わったことに次女が気がつき、「これ読んで〜」と持ってきてくれました。
本棚に埋もれていたので、ひさびさに読んであげられてよかったな。

DSC_3438

(ほんとポケットはソファの背もたれのフレームに吊るす、帆布でできた袋です。)
今度は3女が木のくまさんを持ってきてくれました。

DSC_3439

そうか!しろくまさんにお友達?

カラマツの「学童用木製机・椅子」に思う。

今年に入って、忙しい日々があっという間に過ぎ、気づけば3月も5日です。

先日 、長野県工業技術総合センターにて行われた「針葉樹家具開発研究会」の講習会に参加して、
大変胸熱になったので報告です。

最近は寄木の作品に集中し、カラマツの家具のことは影山に任せきりでしたので、
久々に針葉樹のことを考える機会として絶好となりました。

P2285942

今回の講習の中心は長野県の多くの小中学校で使用されている
「学童用木製机・椅子」についてです。
この机と椅子は、平成元年から平成19年にかけて、県下82の小中学校に導入され、
長野県を代表する「カラマツ」という針葉樹で作られたものです。
カラマツは長野県川上村原産の針葉樹で、
寒さに強く痩せた土地でも育つので60年位前から長野県を中心に広く植林されました。
針葉樹の中では硬さがあり、木目がはっきりとしていて美しい木です。
しかし、昨年2月に毎日新聞や市民タイムスなどで、
「老朽化で児童のけが多発」「カラマツの机・椅子お別れ」との記事が掲載され、
松本市などでは一般的なスチールの家具に順次戻していくと伝えられました。

P2285971

014_news
(毎日新聞朝刊 2014年4月18日より)

そもそもの導入の経緯をまとめると、
現在日本では森林に木が増えすぎて困っているので、
地元の木で「学童用木製机・椅子」を作り、
森の循環と、子供の育つ環境を生み出したいということでした。
平成14年から17年「木の香る学校推進事業」
平成18年から19年「木の香る環境づくり推進事業」
などの補助事業も後押しして約2万セットが導入されたそうです。

資源の有効利用や地産地消など、いわゆる「エコ」な観点からも、
先進的で有意義な事業であり、
これを緒に日本における「森林飽和」の問題を解決していく道筋をつける
重要な事業であったと思います。
ですから木工関係者、とりわけ針葉樹家具を作る人たちにとって、
カラマツに彩られた教室がスチールに戻っていくのは、
ショックとしか言いようがないと思います。

問題は端的に言って「木は鉄に比べて弱い」からで、
丁寧に扱うこと、メンテナンスを行うなどの、付き合いが必要な素材だからです。
もちろんその「弱い」とは、
人が触れる素材の硬さとしては丁度よい柔らかさと硬さを持った木の魅力です。
倒しても、ぶつけても壊れないスチールの家具が当たり前となった教室で、
「木が香る」ことはありましたが「木を知る」ことは難しかったのかもしれません。

P2285945P2285952                       
P2285958P2285936                        
なぜこの問題に僕と影山が動いているかというと、
僕らは3年前から「カラマツ」の学童用机と椅子を開発していたからです。
県に導入されていた学童用机と椅子が重くて掃除の時に移動しにくい、
壊れやすく、メンテナンスが面倒などの声を聞き、
これらの問題を解決できないものかと、アイデアを出し合いサンプルを製作していました。
昨年完成し方々に見せていましたがなかなか関心を引けないでいたところ、
件の新聞記事を読み「一歩遅かった・・」「いやいや今こそなのか」などと思い悩んでいました。

今回の講習会では、
今現在使われている学童用机・椅子を少しでも長持ちするようにとのメンテナンス方法の考察や、
塗装の再考など、活発な議論が行われました。
針葉樹家具の草分け的な年長者から僕らのような新人、県職員や塗料会社の方まで、
それぞれの立場、考え方で、話し合うことができました。
何より僕や影山は、針葉樹家具の先達の仕事の上に自分たちがいて、
それを引き継ぎ育てていかなくちゃいけないと感じることができました。

偶然なのか必然なのか、カラマツの家具は今年から県指定の伝統工芸品となりました。
スチールの家具に更新されていくタイミングでのこの意味を考えると、
カラマツ家具発展の旗印か、
伝統工芸品の多くがそうであるようにお墨付き無くしては継続できないものへの引導か、
今が曲がり角ではありそうです。

今現在でも「森林飽和」と言えるほどに木が増えすぎているにもかかわらず、
長野県だけでも毎年180万立方メートルの森林蓄積量が増え続けています。
それに対して毎年40万立方メートル「しか」使用できていないのが現状で、
平成に入ってからの約20年間で長野県の森林蓄積量はそれまでのほぼ倍に増えているそうです。

コストと効率を優先すれば、目の前にある森林資源よりも輸入材に頼ることになります。
少なくとも「木を知る」僕らが、もっと多くの人に木のことを伝えて
「木を知る」人を一人でも多く増やしていく必要であると改めて思いました。
木が増えるのが早いか、木を知る人が増えるのが早いか、
僕らにできることはまだまだありそうです。
もしこのことに何かをしなきゃと思っている方、少しでも興味がある方はぜひお声がけください。
一緒に考えていければと思います。