音読中

P2155719

<ほんとソファ>に座っての一コマです。
お姉ちゃんは宿題の音読中ですが、
妹は、読み聞かせしてもらっている気分。
これって一石二鳥かな?
今日は「たぬきの糸車」。
よいしせいで、まる。
おおきなこえで、まる。
まちがえずに、おまけでまる!

テイクジー・ズーの箱

P2065550

テイクジー・ズーの梱包の途中に
手を止めて写真を撮りました。

「はじめて遊んだおもちゃが、
今もあなたのお気に入りで
ありますように…。」

テイクジー・ズーもテイクジー・ブロックも
このメッセージを込めて作りました。

リニューアルを機に
こっそりとパッケージのよこに入れました。

長野から旅立ったズーたちは
今日もどこかの子どもの手のひらの中で、
もしくは冷蔵庫の扉で(我が家の定位置はここです)
子どもたちとおしゃべりしてるかな。

今日の朝ごはん

今日の朝ごはん、ぱん、みかん。

DSC02963

まずはお約束の、
「あび」といって、うれしそうにベーグルの真ん中にゆび。
大きくなったお姉ちゃん方はやらなかったね。

そして、
「じぶんで!」とはまだ言えませんが
食べさせてもらうよりも
じぶんで食べることが楽しいお年頃。
みかんも皮ごと全部もらうと、大満足です。

DSC02967

あら、足がいつもと違う所から出ています。
小さくて体の柔らかい赤ちゃんの足は自由自在!
小椅子の脇から足を出すことも多々あります。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん
赤ちゃんを椅子からおろすときは、足が2本とも前に出ているか確かめてくださいね。
とくに後ろから抱き上げるときは、どうか気をつけてください。

読書人?

DSC09387

<ほんとソファ>
オプションのほんとライト・ほんとプレート・ほんとポケットを使用しています。
座っている娘はこのとき1歳1ヶ月でした。

ほんとソファは、
親子で絵本を読むにはぴったりのソファです。
オプションのほんとポケットに、絵本をざっくりと入れることができます。
ソファの背もたれの上部分を覆うように引っかかった大きなポケットは、
丈夫な帆布でできています。
絵本以外にも、新聞や雑誌、リモコンを入れてもいいかもしれませんね。

他にもオプションのほんとライト、ほんとプレートは
取り外しが簡単で、左右どちらにでもつけかえられます。

去年の7月には「芸術新潮」のgoodsページに
「ほんとソファ」を紹介していただきました。

P7035093

P7035103

簡潔な文章の中に、ほんとソファの魅力がぎゅっと詰まっていて嬉しかったです。
編集の方は、やっぱり本好きなのでしょうね。
本文見出しも「読書人のためのソファ」にしてくれました。
写真の赤ちゃんが逆さまに絵本を持っているのが、なんだか可笑しいですよね。
この記事を読んでご注文くださった方もいて、
きっと本との素敵な時間のために
このソファを選んでいただけたんだと思います。

DSC02903

1歳10ヶ月になった今日の彼女は一人で読書。
開いているページも、節分・豆まき・・・
1週間前の夜にお姉ちゃんと一緒に殻付きピーナッツをお父さんに投げたこと、思い出してる?

いちにちさくら

DSC07244
<オンブーチェア>
6歳9ヶ月(身長117cm)と、1歳0ヶ月(体重9kg)が座っています。

4月のtake-g exhivisionの撮影から10ケ月。

上の写真の頃から、子供達は10ケ月ぶん大きくなりました。
1歳の娘は歩くのも食べるのも喋るのも、ずいぶん上手になり、成長が劇的です。
今日は1日、take-g家具とさくらを追いかけてみました。

P1235460

朝ごはん。
ちょっと座面が冷たかったので、試作品の座布団を入れて座らせました。
オンブーチェアの食事椅子のおぼんは2段階の調節つき。
クッションの厚みがあるので、広くして使っています。
さくらは1歳10ヶ月、体重は10kgになりました。

P1235467

昼ごはん。
座布団をとっていますね。
食事椅子のおぼんは朝よりもひとつ狭くなっています。

P1235483

まだごはんの途中ですが降りてしまいました。
「でもまだ食べる」と、戻ってきてくれました。

P1235503

片付けを始めると、台所をうろうろ・・・。
ブロックを置いてみると、ひとりで遊んでくれました。

P1235498

歯が生え始めの頃、ブロックをよくガリガリかじって、歯固めにしていました。
成長の跡が残っていますね。
タイヤに絡んでいるのは輪ゴムで、巻きつけて遊ぶのが好きなようです。
伸びたり縮んだりがおもしろいのかな?

P1235484

おやつです。
ここは、食べるところではないんですけどね。
もりもり食べてくれるのは
とても嬉しい。

追記
初めまして、中川千恵子です。
これから時々、take-gのブログの更新をしていこうかと思います。
母親の目線から、
take-gの家具や、take-gのおもちゃとの日々を綴っていけたらと思います。