Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/lolipop.jp-take-g/web/wp/wp-content/themes/WPtakeg_cart/category.php on line 22
ほんとソファ | take-g | テイクジー | 木のおもちゃ・木の家具

ほんとソファ 一覧

hontosofa special orders

hontosofa_special orders_007

ほんとソファ特注仕様の基本スペックや価格、オプションについて詳細ページができました。
ぜひ、お立ち寄りください。
「大人もソファで横になりたいな」というお声から
通常のほんとソファよりも幅が40cmほど広くなり、
大人一人がごろりと横になれるサイズとなりました。
写真の彼は身長172cmです。
ほんとポケットも特注用にご用意しております。
新聞・リモコン・雑誌など、ざくざく入れてください。
クッション生地はカタログから
お部屋のイメージやカーテンや床の色に合う
お好みのものを探していただけます。

take-g

コメントをどうぞ

オンブーチェア、モノマチセブンヘ。

DSC_5382

ほんとソファに同じ絵本が2冊?
いえいえ
向こうの絵本は図書館で借りた大型絵本なんです。
ほんとポケットに入るかも?と思ったら、ぴったり!
思わず通常版と並べました。
ポケットのはばは、ひとつほぼ35cmです。

DSC_5430

こちらはオンブーチェア。
身長ほぼ90cmと105cmの娘が並んで座っています。
2歳の娘の食事椅子として毎日使っているオンブーチェアは
明日からイベントのため出張です。
第7回モノマチ (通称:モノマチセブン)
に参加します!
会期は2015 年5 月22 日(金)・23 日(土)・24 日(日)
場所は東京都台東区台東2-10-13 ブルーミング 1F です。

「モノマチとは?」・・・2011 年から始まった「モノマチ」は、古くから製造/卸の集積地としての歴史をもつ台東区南部・徒蔵(カチクラ)エリア(御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2km 四方の地域) を歩きながら、「街」と「ものづくり」の魅力に触れていただく3日間のイベントです。
(モノマチwebサイトより抜粋)

テイクジーの家具、おもちゃの一部も展示・販売しています。
お近くの方は是非遊びに来てください。
テイクジーの展示場所はこちらです。
http://monomachi.com/?page_id=4558&no=534
会場には影山がいますので、実際に手にとって見たい方がありましたら、遊びに来てください!

take-g

コメントをどうぞ

音読中

P2155719

<ほんとソファ>に座っての一コマです。
お姉ちゃんは宿題の音読中ですが、
妹は、読み聞かせしてもらっている気分。
これって一石二鳥かな?
今日は「たぬきの糸車」。
よいしせいで、まる。
おおきなこえで、まる。
まちがえずに、おまけでまる!

take-g

コメントをどうぞ

読書人?

DSC09387

<ほんとソファ>
オプションのほんとライト・ほんとプレート・ほんとポケットを使用しています。
座っている娘はこのとき1歳1ヶ月でした。

ほんとソファは、
親子で絵本を読むにはぴったりのソファです。
オプションのほんとポケットに、絵本をざっくりと入れることができます。
ソファの背もたれの上部分を覆うように引っかかった大きなポケットは、
丈夫な帆布でできています。
絵本以外にも、新聞や雑誌、リモコンを入れてもいいかもしれませんね。

他にもオプションのほんとライト、ほんとプレートは
取り外しが簡単で、左右どちらにでもつけかえられます。

去年の7月には「芸術新潮」のgoodsページに
「ほんとソファ」を紹介していただきました。

P7035093

P7035103

簡潔な文章の中に、ほんとソファの魅力がぎゅっと詰まっていて嬉しかったです。
編集の方は、やっぱり本好きなのでしょうね。
本文見出しも「読書人のためのソファ」にしてくれました。
写真の赤ちゃんが逆さまに絵本を持っているのが、なんだか可笑しいですよね。
この記事を読んでご注文くださった方もいて、
きっと本との素敵な時間のために
このソファを選んでいただけたんだと思います。

DSC02903

1歳10ヶ月になった今日の彼女は一人で読書。
開いているページも、節分・豆まき・・・
1週間前の夜にお姉ちゃんと一緒に殻付きピーナッツをお父さんに投げたこと、思い出してる?

take-g

コメントをどうぞ